あまさかる一寸猛進

ぼやける場所が無くなってきたので、こんな所で好き勝手書く事にしました。ごめんなさい。

学力テスト

報道内容から考えるに、「教育に競争原理」という流れが強くなっていくように思います。政治家は教育に一体何を求めているのでしょう?

 

「テストの平均点を下回ったら責任をとらせる。」これは公教育に対してアリですかね?テストの結果でてきた数字だけを見て責任とらせるなら、精神論一本槍のお馬鹿でしょう。その理屈を全国でやると、半数はOUTになります。平均なんか持ち出さず、絶対評価でしょう、ここは。学習の定着度がどのくらいあって、それが十分なのか不十分なのかっていうことなんじゃないのかしら?

 

責任の所在はどこ?という問題だってあると思いますよ。学校だけが教育しているわけじゃないもの。全国的に言われている「早寝早起き朝ご飯」に見られるように、生活習慣が学習に大きく影響していることは間違いはなく、幼少期にベースが作られずに学校に行くことになった子どもは、それだけでハンディを負うことになる。これは親の責任?社会構造の問題?

 

家庭用ゲームが子どもの成長に影響しているのもどうなの?テレビだってそうだよなぁ。現実に「番組を視たいから」という理由でやるべきことを後回しにするくらいの影響があるのだから。そういう責任をテレビが言っているのは聞いたことないかなぁ。

 

学校が教科指導をしているのだから、その責任はあるのは当たり前で。でも、学校と言ったときに、その運営母体の責任もあるでしょう。

 

この四半世紀、色々な企画を学校で展開させてきた行政ですが、「金は掛けない、人も足さない」方針を貫いています。立派なことを提案して、現場の工夫に寄りかかってきたわけですが、多くの教師は昔から暇ではないので、やることが増えるたびに質が下がるのは当然の理です。「休みは書類上だけ」という人もいるくらいです。世界で一番忙しい教師は日本と言われるのはよくわかります。

 

金も人も掛けずに新たな企画を通すなら、何かを削らなくてはなりません。それをせずに四半世紀。

まともに教材研究さえできない中で新しい教師が増えているという現状。

家庭教育、地域教育、教育行政の低迷に比べれば、学校教育の低迷なんて、まだ踏ん張れている方だと思うぞ。

 

迷惑なベランダたばこ

だいたい、何故ベランダでタバコを吸うのか?

理由としては、

①家族の受動喫煙を防止するため

②部屋に臭いやヤニを付けないようにするため

というのが大きいのではありませんかね?

自分ちの窓を閉めてベランダでぷかぷか・・・そうするとねぇ、煙は左右or上方の開いている窓に吸い込まれていくのですよ。

自分の家族をタバコから守るために近隣に健康被害を及ぼすワケです。なんて自分本位な行動なのでしょうか!

しかも、近所の部屋を汚しているわけですから、価値が下がれば経済的被害も受けることになったりしますかな?

洗濯物がたばこ臭くなったことはありますよ。洗い直しましたけど。

ベランダタバコのせいで、健康被害を被ったとして賠償命令が出たとか聴きましたが、ホントですかね?

 

喫煙施設を外に置くのが、そもそもの間違いです。完全密封した部屋に空気清浄機を置いて喫煙してくださいよ。歴史で習ったアヘン窟みたいなのを造ってさ、思う存分吸えば良いじゃん。

車やバイクを運転しながら吸わないで欲しいね。あ、吸っても良いから、窓開けないでよ。

タクシーも、喫煙車と禁煙車をきっちり分ければいいじゃん。運転手さんがタクシーの横で一服するようなことしないで欲しいなぁ。喫煙車にして車中で吸えば良いじゃない。

 

野外で吸うなら、10mは離れて欲しいの。そのくらい離れていても不快な臭いはやってくるのだけれど。

飲食店で吸うようにしても良いと思うよ。表示してくれれば良いじゃない。喫煙店と禁煙店と。選ぶのは客なのだから。

入り口に喫煙エリアを設けている禁煙の店・・・・近寄りたくないなぁ。風向きとか考えて設置して欲しいね。

中途半端な分煙の店・・・看板に偽りありってやつだね。偽ってはないのかな?一応席が分かれていれば。でもねぇ、漂ってくるんだよね。臭いが。

臭いって成分じゃん。

 

蛍族の絶滅を希望します。

カルピス劇場アルプスの少女ハイジ

カルピス劇場は「ムーミン」とか「ロッキーチャック」とかパトラッシュが出てくるやつとか・・・ご幼少のミギリによく視ていたものですわ。先ほどハイジの動画を視ていて、これはどんな人を対象にしたアニメだったのかなぁ?と思いました。

 

「まんがはお子ちゃま」という見方が世の中の主流で、まんが、アニメ、特撮ヒーローなどなどは、教育の反対側に押しやられていた時代という印象を持ちます。

 

子ども向け番組に社会派メッセージを織り込むのは、ウルトラセブンが有名ですよねぇ。あと「複雑で子どもにはわかんないよね」と言っていたガンダムとか。

でも、こうやって改めて視聴すると、子どもには分からない?残りそうもない?という台詞がハイジにも出てきたんだぁ、と。

雨の日はゆっくり考えるのには最適で、人間にはそういう時間が必要なんだ、みたいなことを、沖田艦長みたいな顔してるくせに一休さんに出てくる和尚さんの声がつぶやくわけです。再放送で何度も視ていたハイジですが、気に留めたことはなかったなぁ。

GW中日

どうも盆暮れGWは体調が悪いなぁ。やはり気が抜けるとこうなるのでしょうか?

結局今年も寝込んだまま半分過ぎてしまいました。

土日は何かできるかな?

湘南マジックウェーブ

お昼に新しくFM局が開局しました。結構前から試験放送は流れていて、80年代のAORを懐かしく聴いていました。神奈川すごいな。至る所にラジオ局があるわ。

小田急電車文字

電車に乗ると、扉の上にパネルが付いていることが多いですね。小田急線の電車は文字情報を伝えるパネルが設置されていて、最近それにはまっています。

情報パネルも2種類あるようで、私は、古いタイプに注目してしまっています。いわゆる電光掲示板というやつで、文字情報が右から左に流れていきます。

 

数年前のことですが、「駅」という漢字がパネルに現れた時に気付いてしまいました。右側の「馬」の点が4つではなく3つなのですね。一文字あたり16×16ドットで表現しなければならないので、この様な工夫が必要だったのだと思います。

どこを活かしてどこを省くのか?きっと試行錯誤があったのだろうと思います。違和感ないなぁ、と思えるところはすごいです。

こだわりもあるのかなぁ?と思えるところもあります。平仮名の横棒が斜めっているところを表現しようとしていたり・・・まっすぐにしても伝わると思うのですが。

 

伝えるだけなら、多少不完全な漢字でも何とかなりそうな気がしませんか?正しく覚えることも確かに大事なことだとは思いますけれど・・・

春の公園

春先の風の中、大きな公園にいました。

ツグミジョウビタキなんかが姿を見せていましたが、これが最後かなぁ。

季節は移っているなぁ。

 

久しぶりに自然の中でぼぉっとできました。風に揺れる樹を見ていたり、遠くの山を見ていたり・・・で、気の置けない人とのお喋り。

たまにはこういう日が無いとね。