読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまさかる一寸猛進

ぼやける場所が無くなってきたので、こんな所で好き勝手書く事にしました。ごめんなさい。

歴史は変わりましたか

 今日、先輩と歴史上の人物画の話なんかをしていました。「昔と教科書の記述が変わっている」という話はよく目にしますね。

 源頼朝とされていた絵の今の表記は「伝源頼朝像」となっています。でも、本当は国宝に指定された半世紀以上前から、この絵のタイトルは「伝源頼朝像」だったということです。ということは、これに関しては正確に記述していなかっただけですね。

 「イイクニ作ろう鎌倉幕府」が「イイハコ作ろう」になりました。鎌倉幕府の成立年は、どの段階で幕府成立とするのか、いくつかの説がありました。1192年説、1185年説以外にもありました。これは解釈が新しくなったということになるのかしら。

 武田信玄像が畠山義続だとか、足利尊氏高師直だとか、肖像画については新たな説を読んでいると、納得してしまうことが多いのですが、確信が持てるかといえば、そこまでは・・・。でも、新説を唱えるには、今までの見方とは異なる見方をしなければできないと思います。既成のモノを疑いもせずに盲信していては見えないでしょう。

 真相、「こういうことだった」の答は一つのはずで・・・でもたくさんのブラックボックスが答を複数にしているように思います。新説が出るたびに、真相に近づいているような気がするのですが・・・

昭和の終わりに

初任当時の校長先生がお亡くなりになり、昨夜葬儀へ行きました。

記憶力には自信が無いのですが、御遺影に手を合わせた時から、先生の声が頭の中で再生されていました。遅れていったので人がまばらで、ホールの中に居づらくなり、外に出たのですが、鐘の音が聞こえてきたので、足を止めてお経を聴いていました。

あの頃、とにかく分からないことが、たくさんありました。覚えるまでに時間もかかりました。理解するまでにはもっと時間がかかりました。やってみたいことは、いっぱいありましたが、それを全て消化するには力量に欠けていました。

色々教わりましたし、多分私の見えないところでもお世話になっていたのではないかと、今なら考えられます。

支援教育に誘ってくれたのも校長先生でした。怒らないことの大事さを語っていただきました。

お話しの上手な先生でした。私は先生のお話を聞くのが好きで、たくさん指導もされたはずなのですが、すぐに思い出せることが少なくて寂しいです。

私の人生はあと何年なのかなぁ

世界自閉症啓発デー

今日はその様な日だそうで、朝からラジオがそういう内容を流していました。

国連で決まったそうです。2007(平成19)年12月18日の総会で決議とあります。カタールの王妃さんが提案したそうです。国内でもイベントがありますね。その中にブルーにライトアップするのがあり、イベントに参加する人にも青いものを身につけて欲しい旨が記載されていました。

なぜ青なのかが疑問だったのですが、色の意味が「癒し」「希望」だからと言うことだそうです。「世界自閉症啓発デー」で検索すると、多くのサイトでその様に書いてあります。多分、情報源は同じだと思うのですが・・・

「青」は落ち着く色って聞いたけれど、色の意味について考えたことはありませんでした。

日本における「青」は若さのイメージがあるのですがね。「青春」とか「ケツの青いガキ」とか。元々、青の範囲が広くて、緑を含んでいたと聞いたことがありますが、そうなると、青春の青は春に芽を出す緑色なのかもしれません。

英語だとブルーフィルムって言葉しか出てこないのですが・・・まぁ癒しと言えばそうなのかしら?調べると「お堅い」とか「マイナスな気持ち」が意味として出てきます。

そこで、「色の意味」で検索してみました。そうすると、言語的なものでなくて、セラピー的なサイトが並びます・・・一寸怪しい。

結局このあたりを曖昧にしたまま、イベントの様子をネットで閲覧しているのでした。

アニメを読む

研究会の打ち上げで、同僚のMさんと『銀河英雄伝説』談義。マニアック・・・と言うほどではないのですが、周りは誰も会話に入ってこられない。とてもたのしい会話でしたが・・・

 

アニメ談義は久しぶりでしたが、やはり個々にとらえ方が違うんだなぁ。

昔、子どもだった頃

「本と違って漫画やアニメは絵があるから想像力が衰える」

みたいなことを言われました。

そうね。光景って点では、想像しなくても見せてくれるものね。でも想像力は必要だわ。以前、岡田斗司夫さんが

「アニメを読む」

という言い方をしていたのを聞いたことがあります。本で行間を読むがごとく、アニメも漫画も作品のテーマを読み取ったり、作者の意図を読み取ったりするんだよね。

本は文章から個々にイメージして、あれこれ考えるわけですね。漫画は絵の表現が加わる分、情報が多くなります。情報が多いので、解釈の個人差が起きない・・・昔の大人はそう考えたわけです。でも、話の流れや描き方などに注目して解釈が分かれることが多い現実。アニメは動きがわかりやすくなり、音と光が加わっているわけです。情報が多くなる分、色々なところに注目して、独自の解釈をする人が増えていくわけです。漫画もアニメも子どもを置き去りにして突っ走っているように思います。

研究会で講師の方が、物語の冒頭部分を大切に、と言うようなことをおっしゃっていて、それをMさんが「アニメも同じだ」と言っておりました。すごい。視点がつながっている。そういう見方ができるMさんを尊敬してしまいます。

四半世紀前にアニメを使った授業をやったことがありますが、これから先、漫画やアニメを使った読解とかが普通に行われるようになるかしら?

中学の頃

個性を伸ばす時代と言われて随分経ちましたが、個性って何?とかいう所の共通認識はできていないようにも思います。

むかし、制服問題というものがありました。制服廃止ではなくて、変形制服を認めよう、というものだったと記憶しています。その時に個性という言葉がよく使われていました。

服の選択は感性だと考えると、個性なのかなぁと思います。

自発的にそれがカッコいいと思って着ているなら、そうなのでしょう。

でも真似をした段階で違うと思うんです。「こういうもんだ」と慣習化しているのも違うんじゃないかな?既成のモノに流されているのは、個性の現れとは関係無いと思うのですけど。

小さい内から感性を磨くためにブランドモノを身につけさせる、なんて事を言っていた人がいました。

身につけるだけで感性向上するなんて、御目出度い事であります。優越感にひたりたいとか、単に親の趣味とかなんじゃないかしら。

大衆品を自分でコーディネートする方が、よほど感性向上するでしょう。ブランドモノを身につけるのは、良いものに触れるって事になるのだろうけど、それだけでは育たないよなぁ。

個性は服装くらいでなくなるものではないと思うけどなぁ。

天満で研修

17時過ぎに退勤して、新幹線に乗って、やってきました大阪天満。22時過ぎてましたが、とりあえずOKということで。

明日は研修センターで講座があります。焦ってますね。色々と。何か、自分の非力さをすごく感じる毎日ですので、知識だけでも蓄えておかないと、不安が膨らんで仕方がない。最近特に不安を感じやすいから、また10年前を繰り返さないように気をつけないと・・・もう次は無い。

まじめに一日受講しますよ、もちろん。こんな遠くまで来たのだから。

晩ご飯は名物が食べたかったなぁ・・・結局ファミリーマートで買ってきたものをホテルで食べてます。

総合防災訓練

f:id:azumayama:20150830105645j:plain

地域の防災訓練に参加してきました。

消防団の方が丁寧に質問に答えておりました。池の水を浄化して飲む、という体験もしました。薬を使っていないと聞いてびっくり。見た目は当たり前として、匂いも無し。

南海トラフ震源震度6弱の想定でした。自宅から一時避難所まで10分弱。そこから指定避難所まで20分弱。避難しなくても良いくらいの地震でありますように。