あまさかる一寸猛進

ぼやける場所が無くなってきたので、こんな所で好き勝手書く事にしました。ごめんなさい。

今度は気管支喘息

ここ1ヶ月咳が止まらずに、薬の量は増えるばかり…ようやく一つ減りましたが歳を感じるなぁ。本当に加齢だけかというと、きっと違っていて、四半世紀に及ぶ不摂生が…或いは若い頃の無茶のしっぺ返しが…という事の方が真実に近い様に思います。まぁ無茶しているのは若い頃だけではないという感じもしなくはありませんが…

 とにかくタバコがいけません匂いがするだけで頭痛につながる感じがします。昔はあんなにプカプカ吸っていたにもカカワラズ。

 マンションのベランダで吸っているのが多分近所にいます。下か?横か?あれは迷惑だなぁ。自分の家族を守って、近所に毒をばらまく…まぁ、そこまで言わなくても、マンションのベランダでサンマを焼かないでしょう、マナーとして。それと一緒ですよ

 千代田区で歩きタバコ禁止条例が出た頃にお茶の水で見た喫煙スペース。あれが正しいあり方ですねガラス張りの空間は煙でいっぱい。

 タバコを吸う人は家の中に喫煙スペースを作って、空気清浄機の隣で吸うべきです

 北山修さんが大学をお辞めになるという番組をNHKで先ほど放送していて、ちょっとだけ視ました。最後の講義で学生へのメッセージ

「いなくなることで取り入れられる。」

 母子関係を例に挙げて、分離がうまくいかないことで関係も…というような内容に受け取りました。そうね、そういう事例は数えられない位ありましたね。

 教師もいなくなる事が仕事。来週からは自分はいない。いなくなる事で皆さんに何かを…という下りは考えちゃいました。今までどうだっただろう?反省が多かったなぁ。そろそろカウントダウンだし、自分がいなくなる時に何かを残せるのだろうか…?