読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまさかる一寸猛進

ぼやける場所が無くなってきたので、こんな所で好き勝手書く事にしました。ごめんなさい。

星を見てると

星の古名は「ツツ」というそうです。円筒形のツツが由来だとか。

夜のとばりが降りる、とは良くいったモノで、緞帳にトイレットペーパーの芯のようなモノがアチコチ刺さっていて・・・緞帳の向こうが明るいから光が漏れる・・・これが星なんだそうです。

 

そういう世界観であらためて夜空を眺めるとね、ちょっと変わった感覚で楽しめます。

 

向こう側の明るい世界ってどんな世界なんだろう?

月のウサギもこれなら納得できるような?できないような?

かぐや姫の月の世界なんかも、イメージが変わりますね。ウサギがあの位に見えるんだから、そんなに遠くはないわけですよ。で、幕の向こうの世界が、なよ竹さんの世界・・・という事は、幕をくぐるとか開くとかして向こうへ行くんだろうなぁ。