あまさかる一寸猛進

ぼやける場所が無くなってきたので、こんな所で好き勝手書く事にしました。ごめんなさい。

僕らの時代

■声優の地位向上のため、戦い続けた"声優界の父"永井一郎の足跡

(おたぽる - 01月28日 18:10)

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=178&from=diary&id=2740705

 ヤマトやガンダムで騒いでいたガキも、今年で50歳になるんだから、そりゃ他界する人は出てくるものだろうけど・・・

 暮れに大瀧詠一さん、今度は永井一郎さんですか。

 今考えても、富山敬さんが他界したニュースは自分にとっての節目のようなものだったよなぁ。今度はダブルですかぁ

 のめりこんでいたなぁ、アニメは。コミケで同人誌も売ったし。映画は初日に並ぶとセル画とかもらえたんだよなぁ。朝の6:30から並んで、夕方まで。4回観るとセリフも覚えられてさぁ。昔は入れ替えとか無かったからねぇ。

 「ロングバケイション」は高校生だったな。2枚目に買ったアルバムレコードだったかな。1枚目はイルカさんの「いつか冷たい雨が」だったし。

 ラジオを聴いていた中学生のころ、FMでエアチェックしてたんだね。テープに録音するだよ。たまたま録音した曲で気に入っていたのが「お花見メレンゲ」と「しゃっくりママさん」でした。

時代は変わったのねぇ。